セリオスピリッツ株式会社

受付時間 9:00~18:00

フリーダイヤル0120-933-282

携帯電話からもご利用いただけます。

太陽光発電・蓄電池事業

近年は、家庭用の小規模なものから産業用の大規模なものまでいろいろなタイプのものがあり、
設置個所も住宅や工場の屋根だけではなく空き地や休耕地を利用して様々なソーラーが設置され、
CO2の削減に寄与しています。
また、太陽光発電は日中のみしか発電しないため、余剰電力や安い深夜料金の電力を蓄電しておいてその電力を
効率よく使い、節電かつ有効利用ができる蓄電池の設置が、今後ますます必要になる時代が到来しています。

太陽光発電

自然エネルギーの中で最大の期待を寄せられているのが太陽光エネルギーです。限りある資源の石油や石炭の温室効果ガスの排出は...

蓄電池

蓄電池とは従来よく知られている充電池やバッテリーといわれるものと同じ仕組みのものです。つまり、電気を貯めておいて必要な時に使...

太陽光発電

自然エネルギーの中で最大の期待を寄せられているのが太陽光エネルギーです。
限りある資源の石油や石炭の温室効果ガスの排出は増える一方で、特にCO2は地球全体の安全さえ脅かす大きな問題を抱えています。

そのような中、太陽光エネルギーへの期待がますます高まるにつれ、太陽光発電は再生エネルギーとして急速に注目を集め、日々技術も進歩してきました。
2012年7月から固定価格買取制度がスタートし、住宅用だけではなく近年は産業用にも拡大し、普及しております。

2011年の震災後、自然エネルギーへの意識の高まり、電力料金の再々の値上げ、蓄電池等を含めた節電機器の開発など、今後も太陽光発電の需要はどんどん拡大していくことが考えられます。

太陽光発電のメリット

環境への貢献
自然エネルギーである太陽光は無尽蔵なので、限りある資源の石油や石炭などの消費を減らすことによってCO2排出を抑えて環境問題に貢献できます。
その上、発電時に騒音、振動、排気、排水、廃棄物もないのでクリーンエネルギーとしても認められています。
自家消費と全量売電
発電した電気は家庭や企業で使用する電力として使用し、余剰電力を電力会社に売電することによって収入を得ることができます。
また、10Kw以上のシステムは、発電した電気を全て電力会社に20年間売電することもできます。設置にかかった設備費用は売電した収入で「元を取る」ことが可能です。
電力契約の見直し
電気料金の高い昼間は太陽光発電でまかない、発電しない夜間は割安な電灯契約にし、安い深夜電力の時間帯に洗濯をしたり食洗機を使うようにすることで電気使用量を抑えられ、光熱費の大きな節約に貢献します。
省エネ、節電意識の向上
モニター(表示ユニット)で発電量や消費量を確認できるため、家族の節電意識が向上し、電気の使い方を考えるようになります。

太陽光発電のタイプ

住宅用ソーラー

住宅の屋根や空き地に太陽電池を設置し、発電した電力を自家利用するほか、余剰電力を電力会社に売電することによって収入も得られます。
近年、太陽電池の著しい開発の進歩により種類や性能、変換効率も各メーカー様々ですが、長期使用の電子機器であるため金額のみでメーカーを決めるのは危険です。
また補助金同様、固定価格買取制度も国の支援は未定です。だからこそ買取制度がある今が設置のチャンスといえます。

小規模産業用ソーラー

全量買い取りが適用される、発電出力10Kw以上50Kw未満のソーラーシステムのことです。
工場、倉庫、駐車場などの屋根や、休耕地、遊休地などの小さな面積でも簡単な手続きで設置できるため、今後ますます導入の可能性が高まっています。
遊休地を有効活用することにより、眠っている不動産で安定した運用利益を得ることができます。
大規模産業用ソーラーに比べ手続きも簡単に設置できるため、導入の可能性はまだまだ続いています。

太陽光発電に関するサービス

関連リフォーム
住宅用ソーラーの設置には屋根の点検が不可欠です。これが充分でない場合は設置時・設置後のトラブルのもとになります。
屋根の補修が必要となった場合、また関連する家屋のリフォームやエコキュートの提案、施工も行っております。
保守・メンテナンス
しっかりとした機器保証、災害保証、出力保証により設置後もアフターメンテナンスを大切にします。お客様とのつながりを大切にし電話による定期的な発電状況の確認も行います。
また大規模ソーラーの発電検査・管理業務も行っております。

遠隔監視サービス

太陽光発電の「良い状態」を維持する
  • 安定的に長く売電を可能にさせること
  • 事故・災害の原因・リスクをできるだけ防止する
  • 事故・災害による被害をできるだけすくなくする
それでもカバーできない場合は保証、保険、損害賠償などの対策が必要
監視記録、計測記録などのデータ
加害者・事故原因を特定する証跡、データ
業務体制

O&M室と連携し、現地対応の要・不要を決定後、施主様の了解のもと、対応措置を実施いたします。さらに上記以外の定期的な点検や設備メンテナンスも、個別にご提案の上、対応させていただきます。
(全て案件ごとに別途費用を賜ります)

セリオスピリッツのO&M室は、遠隔監視システムにより、発電量状況の監視、カメラ監視を実施、データや、警報メールを解析し、施工担当と協議、検討の上、最適な対応・措置を決定します。

遠隔監視システム(カメラ標準装備)

通信費、サーバー使用料込で、遠隔監視対応は月々3000円から(税別)
※初期設定、機材料は別途、詳しい見積もりのご依頼は問い合わせフォームからご用命ください。

システム構成
BOX内:
  • 3G/LTE通信回線ルーター
  • ルーター用アンテナ
  • データ集積器
  • 配線用端子台
  • コンセント
BOX外:
  • 計測器(SDカード含)
  • CT
  • CTケーブル
オプション:
  • 監視カメラ(SDカード・HUB含)
  • 開閉警報用接点
  • 気象情報(日射・温度計)
  • パソコンやスマートフォン、タブレットを使って、いつでもどこでも発電状況が確認できます。
  • トータルでの発電量とパワコンごとに計測するので小さな異常も発見可能となります。
  • データの保存期間は、測定機器のSDカードおよびサーバーで20年間ダブルバックアップ。
  • 山間部などのインターネット回線が整備されていない場所でも大丈夫です。

注:NTT DOCOMOの携帯電話が使える場所であれば問題ありません( 3G/LTE エリア内)

  1. 動体検知(動くものを検知しお知らせする)
  2. SDカード録画
  3. 赤外線LED(距離20m)で夜間監視も可能
対応ブラウザ :
Internet Explorer10以降
対応スマートフォン:
iPhone/iPad(iOS 5.1.1以降)
Andoroid(2.3以降) ※専用アプリ使用

監視システムのカメラ画像を実際にご覧になることができます。
詳細なURLならびにアクセス方法をご希望の方は問い合わせフォームからご用命ください。

イニシャルコスト
(初期費用)
  • 太陽光発電遠隔監視用システム ユニット一式
  • 動体検知・赤外線暗視機能付、固定型監視カメラユニット一式
  • データ伝送用、DoCoMo 3G/LTE 通信用ユニットおよびSIM
  • 取付用部材一式
  • 取付工賃一式
  • クラウドシステム用初期登録設定料

当社が独自提携した設備メーカーにて開発したシステムです。監視カメラ機能を標準搭載した、高機能装置です。通信機能ならびにクラウドサーバーによるデータ管理の機能をすべて統合しています。同等の機能をもつ他社製品にくらべ、大幅にコストカットを実現しました。(他社商品 55~65万円に相当)

このたび、保守点検サービス開始キャンペーンとしてイニシャルコストを特別割引実施。先着20施設対象で約15%offの特価で、カメラ標準装備 3G/LTE対応の遠隔監視装置をご提供します。
詳しいお見積り、お申し込みの希望は問い合わせフォームからご用命ください。

ランニングコスト
(年間監視業務基本費用)
  • 発電量等、アラートメール配信、カメラ画像配信等に係る通信費用一式
  • データ蓄積およびモニタ画面等に係るクラウドサーバー維持費用一式
  • 遠隔監視装置によるモニタリング業務にかかる諸経費一式

2メガ未満までの設備を対象とします。2メガ以上については、個々の案件ごとに別途お見積りいたします。

年額¥36,000(税別)

(月額換算¥3,000

ご請求は1年分単位となります。20年間のうちに、国内情勢の変動、法制度の改正、景況によって、価格改定が必要となる事態が生じた場合は、当社より事前にご相談の上、金額の変更について、ご検討をお願いする場合がありますことを、あらかじめご了承ください。

上記の監視業務によって、災害、事故、設備機器の不具合、障害等への対応措置については、個別の案件ごとに検討をはかります。その後、当社の施工担当より、機器・部品等の費用、修理費用等について、別途、お見積りをご提示し、施主様のご了解をいただいたのちに所要の措置を行います。これらの個別対応については上記基本費用には含まれておりません。

蓄電池

蓄電池とは従来よく知られている充電池やバッテリーといわれるものと同じ仕組みのものです。つまり、電気を貯めておいて必要な時に使えるようにした機器のことです。
深夜の割安な電気を蓄電しておき、日中の高い電気料金の時は蓄電器の電気を使うという節電生活が可能になるほか、日中の電力使用量が少ない家庭では余った電気を蓄電しておき売電することもできます。
やはり年々上る電気料金の節約が一番大きな目的ですが、地震や停電の時にも安心できたり、補助金が出るなどといったメリットもあります。
最近は相性の良いソーラーと一緒に蓄電池を設置し、相乗効果を得られる方も増えてきています。

家庭用蓄電池の役割

割安な深夜電力を蓄電
電気料金の契約プランには主に「従量電灯」と「時間帯別電灯」という2つのプランがあります。このうち電力需要の少ない深夜の料金が割安になる「時間帯別電灯」契約において蓄電池を設置することにより、安い深夜料金の電気を買って充電し、日中は蓄電池から放電して安い電気を使うことができます。
※ 大半の方は従量電灯契約になっており、基本料金も高いのです。時間帯別電灯の契約にすると深夜料金は60~70%も電気代は安くなりますが、昼間は20~30%高くなります。蓄電池を用いない場合、単身で昼間ほとんど不在の方はいいのですが、日中家族がいる家庭では時間帯別電灯の契約によって逆に電気料金が高くなる場合もありますのでご相談ください。
もしもの停電時も安心
昨今の家庭は電化製品が多くテレビや照明の他、冷蔵庫やパソコンなど停電が長引くと生活に支障をきたすものが少なくありません。
雷や地震、災害により停電が起こっても、蓄電池があれば電気を放電し、電化製品を使用することができます。
蓄電池の大きさや性能にもよりますが、停電した場合、数時間~10時間程度使用できるので安心です。
太陽光発電と相性抜群
蓄電池があれば、ソーラー発電の少ない夜や朝、雨や曇りの日、冬なども安心です。(相性の良さは以下の表を参照してください。)
太陽光発電システムと蓄電池システムをセットで導入すると設置費用も安くなりますし、製品によっては太陽光も蓄電池も1台で対応するパワーコンディショナーもあります。
補助金対応の場合もありますので、設置をお考えの方は是非当社に御相談ください。
太陽光発電と蓄電池の相性比較
  朝・夕・夜
(太陽光発電が停止している時)
雨・曇り・冬
(日中太陽光発電の
発電量が少ない時)
地震・落雷・災害
(もしもの停電時)

ソーラーのみで
蓄電池がない場合
照明・テレビ・パソコンなど大量に電気を使うので料金が高くなる ソーラー発電だけで日中の電気が足りない場合は高い電気を買って使う 日中はソーラで発電した電気を自立運転システムで使用できるが、夜は電気がない

ソーラーと蓄電池を
セットで設置した場合
家族が寝静まって割安な深夜料金の電気を蓄電池に充電しておき、朝・夕・夜の高い電気料金の時に自動で放電して使う 日中の不足電気に対し、蓄電池に充電している割安な電気を自動で放電して使う 日中はソーラーで発電した電気を自立運転システムで使い、夜は蓄電池に充電している電気を使うことができる

太陽光発電・蓄電池事業に関する
お問い合わせ・資料請求は…

通話料無料 0120-933-282

受付時間 / 平日 9:00~18:00