【ドローン】プロフェッショナルチームによるテスト飛行

ホーム / O&M / 【ドローン】プロフェッショナルチームによるテスト飛行

自社空撮画像2017年5月31日に岡山県備前市日生町にて、当社とのタイアップにより、株式会社秋山測量設計の皆様のご協力をいただき、「ドローンによる太陽光発電施設点検テスト」を実施。可視カメラと赤外線カメラにより空撮実験のレポーティングについて、検討を行っております。当日の模様を動画サイトにアップいたしましたので、ご覧ください。

ここで秋山測量設計様について、改めてご紹介いたしましょう。同社は昭和47年創業以来、最新の測量技術で、常に精度の高い調査結果を挙げておられます。GPS(GNSS)を使用した基準点測量や水準測量、地形測量、路線測量、深浅測量、用地測量など測量業務全般に関る他、3Dレーザースキャナーを使用して、あらゆる対象物を短時間に安全に計測等も可能。もちろん、ドローンの導入により、土量計算やGISを利用した災害シュミレーションなど、幅広い分野でご活躍されていらっしゃる企業です。特にドローンの飛行に関しては日本全国包括許可・承認を国土交通省から認可されているため、ドローン飛行計画の許可手続きが迅速に済むため、お客様のご要望に沿ったスケジューリングも可能となります。大規模な面積の太陽光発電施設の点検にあたって、赤外線カメラによるパネルの高温化(ホットスポット)、異物等による損壊や汚損などの状況を目視点検するうえで、圧倒的な省力化を図ることができます。それぞれの施設の状況に応じて、ドローンの活用を実証してまいりますので、発電設備のオーナー様、管理者様のお問い合わせをお待ちいたします。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
Powered by WP-Members